ベビーシッターのメリット・デメリット - 良いベビーシッターの見分け方

ベビーシッターのメリット・デメリット

子育てと仕事を両立する家庭にとって、仕事中に子供をお世話してもらえる環境を確保しておくことが重要です。
ベビーシッターは保育園や幼稚園とは違い、お世話をする人が自宅に来てくれて、そのまま自宅で子どもの面倒を見てもらうことができます。保育園など他の子供と一緒に過ごすのがなじめない子でも、自宅では落ち着いて留守番できるケースも多く見られます。



また、子供が病気になって看病してもらいたい時などでも、安心して任せられます。

ベビーシッターを利用するメリットはたくさんありますが、同時にデメリットも存在します。

両方をよく理解して上手にベビーシッターを活用しましょう。


ベビーシッターの最大のメリットは、自宅で過ごせるので子供が安心しやすいということです。
突然の残業や出張の予定の時なども子供の面倒を見ていてもらえます。



助けてほしい時だけに利用できる柔軟性もメリットです。


さらに子供と気の合うシッターを選べるので、方針の合わない人に世話を任せる心配もありません。デメリットとしては、子供を一対一でお世話するため、保育所や幼稚園などと比べて費用がかかる点があります。


そのため、保育所の代わりに利用すると高額な支払いになる可能性があります。



また、自宅に訪問してもらい子供と二人きりになることから、信頼できる会社に依頼する必要があります。
ベビーシッター協会に加盟している会社や、実際に利用した人の口コミなどを参考に、できる限り信頼度の高い会社に頼むようにしましょう。