大手の会社と個人のベビーシッターの違い - 良いベビーシッターの見分け方

大手の会社と個人のベビーシッターの違い

共働きをはじめとし様々な理由から我が子の面倒を見ることができない家庭が増えた今の時代だからこそ身近な存在となったのが、ベビーシッターです。

とても役に立つシステムということは確かですが、一口にベビーシッターといっても大手の会社もあれば個人で行っている人もいます。


どちらが良いと一概にいうことはできず、それぞれにメリットもあれはデメリットも存在しています。


大手の会社となれば、福利厚生の制度が使えたり教育が行き届いている、そして仮に担当のベビーシッターが急に来れなくなった際にも代わりがいるというメリットがあります。
しかしその分、細かな決まりがあり融通がきかないというデメリットも存在しています。



その一方で個人となれば、間に仲介が入らない分手数料が発生しないので安い料金で子供を預けることができたり、値段の交渉や融通もききやすいというメリットがあります。

その一方で、ベビーシッター自身が怪我や病気、急な用事が入ってしまうと代わりがいないので子供を見てもらうことができないというデメリットもあります。

もちろん大手の会社や個人で行なっているところが、誰も当てはまるばかりというわけではありませんが、基本的なメリットとデメリットはある程度理解しておくようにしましょう。



大切な我が子を預けるからこそ、金銭面の違いだけではなくサポート体制やスタッフの質に注目しておくことが大切です。

ベビーシッターは慎重に選ぶようにしましょう。